会社情報 | 出前専門 札幌海鮮丸


札幌海鮮丸 会社情報

社長より

ごはんと魚介を握る寿司は、瑞穂の国であり、ゆたかな海に囲まれた日本が育んだ、世界に誇る味です。
しかし、価格競争のあおりで、腕のいい寿司職人が技を発揮する場が減っているのも事実です。
効率が優先される宅配寿司の世界では特に、握りのすべてを職人が担うのは無謀とされてきました。
それでも札幌海鮮丸は諦めることなく、日本に古くから伝わる寿司の技、そこから生まれる「本物の味」を
生かすという、それまでなかった宅配寿司業を始めました。
以来、平成8年の設立から今日まで、一貫して職人が握っています。
これからも、お客さまに喜んでいただくことを第一に商品開発やサービスの充実につとめ、
ご家庭などさまざまな場に、おいしさと笑顔をお届けしてまいります。

札幌海鮮丸の企業理念

- 創業以来の変わらぬ企業理念 -

いまやお寿司はお祝いの席だけでなく、慶事や法事、普段の食卓にまでのぼるようになりました。
しかし、その特別さはずっと変わらず、お寿司を口にすると自然に笑みがこぼれる...幸せな食べ物の代表格と言えるのではないでしょうか。

お客様がお寿司を召し上がる、そんな特別な場面においしいのはもちろんのこと、喜びや楽しさ、感動も合わせてお届けできるような企業になる。
この企業理念にはそんな想いが込められています。

会社概要

社名 株式会社札幌海鮮丸
本部所在地 札幌市東区伏古8条3丁目6番23号
電話番号 (代表)011-784-0440
設立 平成8年2月20日
役員
代表取締役社長
松原 淳二
取締役MD本部長
田村 哲朗
取締役管理本部長
五十嵐 康弘
監査役
釜井 裕介(弁護士)
資本金 1億円
年商 41.9億円
(平成26年11月1日~平成27年10月31日)
事業内容 寿司の製造、販売
出前専門店「札幌海鮮丸」のチェーン店経営
店舗数 72店舗(平成28年2月現在 直営店70店舗、FC店2店舗)
取引銀行 みずほ銀行 札幌支店
商工中金 札幌支店
北洋銀行 伏古支店
主要取引先 マリンフーズ株式会社、東洋冷蔵株式会社、株式会社ノースイ、ホシザキ北海道株式会社
株式会社ホッカン、株式会社玉よし、
株式会社吉田食販、佐川印刷株式会社
沿革
平成8年2月
株式会社札幌すし丸(現 株式会社札幌海鮮丸)を設立
資本金1,000万円
札幌市南区石山1条7丁目7番1号
平成9年12月
札幌市手稲区前田3条8丁目3番20号に移転
平成10年4月
札幌市北区太平10条3丁目3番1号に移転
平成11年2月
札幌市東区伏古1条2丁目3番13号に移転
平成12年8月
資本金9,800万円に増資
平成14年9月
資本金1億1,000万円に増資
平成14年11月
海鮮丸ドットネット稼働
平成17年4月
札幌市東区伏古8条3丁目6番23号に移転
平成24年12月
資本金1億円に減資
平成25年3月
株式会社札幌海鮮丸本社の子会社となる
平成26年7月
「ほがらか倶楽部 お食事宅配《宅食膳》」事業開始

※平成28年2月現在

女性活躍推進法への取り組みをご紹介するページへ